山城めぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉崎城

<<   作成日時 : 2011/03/06 22:51   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6


群馬県下仁田町の県道193号線で馬山方面に向かい熊野神社をすぎて
資材置き場の横から南に入る道を進み、吉崎集落に入ります。
 集落内の道を進むと山神を祭る小さな神社があり、赤い鳥居が目に入ります。
この鳥居から先に30mほどで民家の前を通る林道があります。この林道100m
くらいで富士山登り口の看板があります。比高200mくらい40分の登り道です。

画像

集落にある山神神社
画像

三角にとがった山、左の山が吉崎城(写真は拡大してください)
画像

登山口、急な尾根を100mくらい登って行きます。
登る道は8合目くらいから獣道のような細い道になります。
目標は左手西斜面ですから右手の獣道に入らないように注意してください。
画像

南斜面に突き出した尾根、第一腰曲輪で眼下の民家を見下ろせます。
画像

すぐ隣にも突起を利用した第二腰曲輪があり、南斜面から来る敵に対しています。
画像

第二腰曲輪から西の下仁田町を臨んでいます。
画像

第二から第一腰曲輪を見ています。こんな断崖のところを獣道のような
登り道を登ってきます。ゆめゆめ落ち葉に足を取られないように気よつけて
登ってください。落ちれば命はありません。ここから西へ回り込むと
画像

鳥居がある西曲輪に着きます。
画像

西曲輪から本丸西城壁を見上げています。(拡大して迫力あるものを見てください。)
画像

西曲輪から北尾根に回ります。この吉崎城の最大の見所、堀切、腰曲輪、横堀
と七箇所を施して守りとしています。それは次回とします。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
吉崎城の記事もUPしていただいてありがとうございます。
二度たどり着けなかった城なので、もし遺構が冴えないとしてもどうしても諦めきれない城ですから、ぜひいつか訪れてみるつもりでした。
写真を拝見すると、遺構もそれなりに楽しめそうですし、なにより藪がなくて大変よい雰囲気の城ですね。
今度は迷わずたどり着けそうです。
五郎
2011/03/07 00:20
山崎先生の吉崎城の縄張り図では、本丸西下の西曲輪から西尾根を下っていくと
250mに及ぶ腰曲輪があるそうです。私が今回攻めたル−トは南斜面の登り道でしたので、これは見ておりません。山を下りる際は西尾根ル−トから下ってみてください。
富岡武蔵
2011/03/07 22:33
そうなんですよね。この長い帯曲輪がちょっと気になるんですよね。たぶん顕著な遺構ではないような気もしますが、訪れた時はそちらに下ってみることにします。
神社の先の林道は気がつきませんでした。そのもう少し先の地図に載っている林道から取り付いたのが間違いでしたね。
五郎
2011/03/07 23:14
この吉崎城での疑問は櫻井氏の居城であったと山崎氏は語っていますが、本丸は
狭く掘建小屋がかろうじて建てられる程度です。下曲輪に居住していたとなると
吉崎集落のどこかに館跡があることになりますが、それらしき跡地はみあたりません。
富岡武蔵
2011/03/08 10:16
昨日はお世話になりました。
お陰で楽しい訪城ができました。とろい行動で皆さんにご迷惑をかけたと思ってます。

急峻な山上に小さな郭を作り、堀切を作りで当時の戦の厳しさが分かる城でした。
M@埼玉
2013/02/10 08:53
楽しかったようでよかったです。南牧村は急峻な山が多く、守るに易く、攻めるに困難をきたす山城が多くあります。またそうであるから信州との国境を守るにふさわしいと云えると思います。
 藪レンジャ−さんらにあわせたペ−スで申し訳なかったです。
富岡武蔵
2013/02/12 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉崎城 山城めぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる